病棟案内

重症心身障害児(者)病棟 「ひまわり病棟」

ひまわり病棟 基本方針

私達は、いかなる障害があろうと人格をもった一人の人間として尊厳を認め、
共に生きるという原点に立ち、看護を行います。

私達は、患者さんの発達レベルを知り、
障害の程度に応じた医療訓練・療育・教育・日常生活の援助まで、
広い範囲にわたりチーム医療による支援を行います。

ひまわり病棟 病棟案内

重症心身障害児(者)は、様々な基礎疾患を持つと共に、多くの合併症を持っています。年齢の幅も成長過程の乳幼児から老人までと広く、障害も超重症児(者)から動く重症児(者)までと多様な障害と経過を有します。看護は発達レベルを知り、障害の程度によって様々な展開を行います。医療・訓練・療育・日常生活の援助まで、広い範囲にわたり愛情を持って接する事が要求されます。

この特殊性を念頭に置き、医師・管理栄養士・理学療法士・療育指導室・養護学校教諭などと協力してチーム医療を推進します。患者さんの安全・安楽を考え、成長発達の維持・QOLの向上・退行予防を目標に、長期の入院生活が快適に過ごせるように日常生活の援助を行っています。

病棟案内

高層階病棟における患者構成の考え方

ひまわり病棟は、3階建ての高層階病棟です。私達は、障害者を収容する建物として、安全管理(セーフティ)を最重要と考えます。
従って、高層階からの落下を回避するために、移動能力のある患者さんを1階に、移動能力の低い患者さんを2階に、寝たきりの患者さんを3階としました。

病室の特徴

  • 床暖房はデイルームとトイレに設置しました。
  • オープンフロアとし、病室と廊下の区切りは移動式カウンターを使用しました。
  • 各部屋にカーテンを設置し、プライバシーの保護に努めています。

病床数

  • 1階病棟 40床
  • 2階病棟 40床
  • 3階病棟 40床

他にも、B型通園患者ショートステイの受け入れを行っています。

フロア構成

看護体制 固定チームナーシング

  • 1階 2交代制勤務(夜勤2名)
  • 2階 2交代制勤務(夜勤2名)
  • 3階 3交代制勤務(深夜勤3名、準夜勤2名)

食事について

栄養管理室と連携し、患者さん一人一人に合った形態(ソフト食など)を工夫しながら、食事を提供しています。

その他

肺理学療法・口腔ケア・摂食訓練等についてエビデンスに基づいた看護を提供するため、研修会・事例検討会・看護研究を行い、知識・技術の向上を目指しています。

入所中の安全対策

ベランダ

幅150cm
ベッドのまま避難できます。

避難用スロープ

左側:3階建病棟 右側:スロープ

避難用スロープ内

スロープ傾斜:1/12

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関