地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟とは

地域包括ケア病棟とは、手術や検査が終了した後すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さんに対して、しばらくの間入院療養を継続し、在宅復帰に向けての『準備を整える』ための病棟です。ご自宅等への退院準備をしっかり整え、安心して地域へお戻りいただけるようお手伝いすることを目的としています。

当院では、5階病棟に20床設置しています。

対象となる患者さんとは

ご入院の対象となる患者さんは、ご自宅あるいは介護施設等に復帰予定で、入院治療により症状が改善・安定した後、もう少し経過観察や在宅での療養準備が必要な方となります主治医が判断し、患者さんおよびご家族の方に提案し、ご了解いただけた場合に地域包括ケア病棟へ転棟いただき、継続入院となります。入院期間は状態に応じ調整いたしますが、最長は転棟から60日となります。

ご入院中に病棟を移り、環境が変わることは大変かと存じますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

入院費用について

入院費用については定額で、入院基本料、投薬料、注射料、処置料、検査料、画像診断料、リハビリテーション料など、ほとんどの費用が包括となります。

ただし、有料個室料金等保険診療対象外の費用は含みません。

地域包括ケア病棟では

地域包括ケア病棟に入院された患者さんには、在宅支援をスムーズに行うために「入院在宅復帰支援計画」に基づき、主治医、看護師、理学療法スタッフ、MSW(医療ソーシャルワーカー)等が協力し、効率的に患者さんの在宅復帰に向けた準備、相談を行っていきます。

その他

地域包括ケア病棟にご入院された後に症状が悪化した場合急性期病棟に移って頂く場合があります。

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関