リウマチ・人工関節センター

「福井リウマチ・人工関節センター」スタッフ

整形外科・リハビリテーション科 医長 久保田 力(くぼた ちから)

整形外科・リウマチ科 医長 高村 敬晴(たかむら たかはる)

人工関節手術について

当院では、慢性関節リウマチ、変形性関節症、大腿骨頭壊死症、重症の血友病などの症状でお困りの方に対して、専門的な治療を行っております。中でも軟骨の老化や摩耗が進行し、日常の動作に支障が生じるような方で、お薬や注射で改善されない場合は、人工関節に置き換える治療法が有効です。

〔人工関節置換術の主な対象疾患〕
慢性関節リウマチ、変形性股関節症、変形性膝関節症、
大腿骨頭壊死症、大腿骨頚部骨折、変形性関節症、
外傷後等の関節症、重症の血友病

リウマチ人工関節センターについて

当院では、人工関節手術(再置換を含む)の必要な方に対して、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科がチームとなり、術前の評価、手術、合併症対策、リハビリテーション、術後の経過診療と入院前から退院後までの一貫した診療を総合的に実施し、より短期間で良質な医療を効率的に提供するという目的で、この度、リウマチ人工関節センターを設置しました。

骨バンクについて(準備中)

また、当センターでは、手術時に採取される骨を冷凍保存して、骨移植に利用する目的で「骨バンク」を設立するため準備中です。これは、骨提供者(ドナー)の自由意志に基づき、提供された骨を冷凍保存し、受け手(レシピエント)に移植する手術で、これを同種骨移植といいます。この骨移植手術により人工骨では対応できない、又は人工骨以上の効果を期待できる症例にとって有効な選択肢となります。

「骨バンク」のイメージ図

骨バンクイメージ図

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関