栄養管理室

基本理念

私たちは、患者さんの立場に立ち、治療に適した安全で信頼される食事、 心温まる食事の提供をします。

栄養管理質のご紹介

栄養管理室では管理栄養士・調理師が患者さんの栄養管理を中心に、医師の指示のもと、治療に適した安全で信頼される食事を提供し、皆様の健康をサポートしています。

入院中の食事について

適時適温給食

温かい料理は温かく(約65℃〜68℃)、冷たい料理は冷たく(5℃〜8℃)食べて頂ける様に、温冷配膳車により病棟にまでお届けします。また食事時間も日常の生活に近づける為、午後6時からにしております。 配膳車は各病棟1台を使用しています。 また各病棟にはゆったりとした食堂があります。

選択メニュー

週3回、水曜日、木曜日、金曜日には普通食(準ずる食事含む)を食べておられる方を対象に、2種類のメニューより朝食、夕食を選んでいただく選択食メニューを実施しております。

朝 食
(A食)
みそ汁 、サケ焼き、 お浸し
ふりかけ、 牛乳
(B食)
ロールパン、 サラダ、 ハム、 果物
スープ、 牛乳
夕 食
(A食)
煮魚、 煮奴、 酢の物、 漬物
(B食)
焼きそば、 牛蒡サラダ、 漬物、 煮奴

患者様に適応した食事の提供

普通食をはじめ、患者さんの病状に応じてエネルギー・たんぱく質・脂肪・塩分を調整した食事や、摂食障害のある患者さんには刻む・とろみをつけるなど、必要に応じて対処した食事を提供しています。

 

外来・入院栄養食事指導

患者さんの日常の食生活や食習慣をお聴きし、病態に応じた栄養食事指導をさせて頂きます。また入院時には、治療食を食べられる患者さんを対象に、食事の説明をベットサイドにて行っております。

個人栄養食事指導

医師の指示に基づき個別指導を外来・入院患者さん対象に行っています。

集団栄養食事指導

毎週水曜日 午後3:30より糖尿病教育入院患者さんを中心に行っております。

糖尿病教室

糖尿病専門医・糖尿病療養指導士(薬剤師・看護師・管理栄養士など)を中心とした医療チームが、糖尿病の教育入院に取り組んでいます。 糖尿病教室は、糖尿病教育入院の患者さんを中心に毎週火、水、木、金曜日に開催されています。担当のスタッフが専門分野をわかりやすく講義いたします。

→ 内分泌代謝・糖尿病のページへ

調理師による病棟訪問

毎週2回、調理師が患者さんに食事についての御意見を伺いに病棟訪問を行っています。

行事食

クリスマスやひな祭りなどの行事食をお出しし、行事カードを付けさせて頂いています。

 

ティーサービス

一般病棟に入院されている患者さんに月2回、3時にティーサービス(それぞれの病態にあったおやつとお茶)を実施しています。  

 

チーム医療における栄養管理について

糖尿病カンファレンス

毎週木曜日、医師、看護師、薬剤師、栄養士が各専門分野を生かして、糖尿病教育入院患者さんの治療法や検査結果、使用薬剤、栄養管理などについてカンファレンスを行っています。

褥そうチーム

外科を中心に看護師・薬剤師・栄養士が病室訪問を行っています。

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関