研究検査科

生理機能検査室

この部屋では検査装置を体に装着するために、患者さんの理解と協力の下、心電図・脳波・肺機能・眼底写真・聴力検査などを行っています。

この他にも、神経障害や動脈硬化の有無、心臓の機能や弁膜症などを調べるため、神経伝導速度・血圧脈波図・頸動脈エコー・心臓超音波検査(現在、超音波検査は4人の認定超音波検査士が担当)も実施しております。

検査の際は、安心してお越しください。

一般検査室

尿・便の検査を主に行います。尿検査には、尿中の糖や蛋白など9成分の有無をみる尿定性検査と、尿中に存在する細胞などを顕微鏡的に判定する尿沈渣があります。これらの検査は腎・肝・胆等の異常の有無のふるいわけ検査で、異常があればさらに詳しい検査が行われます。

また、一方では糖尿病の診断・治療の指標となる血糖やHbA1cを迅速に分析し、患者さんの診察前にその日の検査結果が報告できるように努めています。

血液検査室

血液検査室では、主に血液一般検査(赤血球や白血球、血小板などの数や量、好中球やリンパ球などの白血球の分類)と、止血検査(出血時間や血液の固まる過程を見る検査など)を行っています。外来診察の診察前検査としてもできるだけ早く結果が出るように取り組んでいます。

また、輸血に関連した検査(血液型検査や輸血する血液を入れても大丈夫かどうかを見る検査など)も行っており、現在では輸血血液製剤の管理も一元化して取り組んでいます。

生化学検査室

生化学検査は、外来診療の診察前検査をほとんどの患者さんで行なっています。γ-GTPなどの生化学項目だけでなく、予約外の胃カメラ検査の為の感染症検査や腫瘍マーカーなども診察前検査として行っています。(診察前検査とは、従来次回来院時に検査結果を聞いていたものを、採血当日に検査結果を聞き診察に役立てるものです。)

迅速で正確な検査を行い、少しでも外来患者さんの助けとなるようがんばっています。

病理検査室

病理検査室では、病理組織検査、細胞診断検査、術中迅速診断が行われています。病理組織検査では、内視鏡検査で採取された組織や手術で摘出された臓器の病変を顕微鏡で検査します。

細胞診断検査では、採取された細胞中に癌細胞が出現していないかどうかなどの検査を顕微鏡で検査します。検査を担当する技師は認定資格を持つ細胞検査士が行っています。癌の早期発見のために迅速で質の高い診断に貢献出来るよう体制を整えています。

細菌検査室

細菌検査室では、提出していただいた検査材料(喀痰、尿、便など)から病原菌を検出し、それがどのような菌種の細菌であるか(同定検査)、どのような抗菌剤がどの程度有効であるか(薬剤感受性試験)を検査し、報告することを主な業務としています。

また、迅速検査としてA群β溶連菌、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスの検出を実施しています。 平成24年 2月 2日

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関