理念

私たちは、患者さんの立場に立った 開かれた医療、 患者さんに信頼される 質の高い医療を提供します。

基本方針

  • 国の実施する政策医療である、「がん、呼吸器疾患(結核を含む)、重症心身障害、血液・造血器疾患」に関し、ナショナルセンターとの連携の下に、専門的な医療、臨床研究、教育研修及び情報発信を行います。
  • エビデンス(根拠)に基づいた、質の高い効率的な医療を提供します。
  • 患者さんの視点に立った、安全な医療及びサービスを提供します。
  • 地域医療機関との連携を強化し、患者さん及び地域のみなさんに満足してもらえる病院運営を行います。
  • 地域及び時代の医療ニーズに応じて意識改革を図りながら、常に健全な経営を行います。

患者さんの権利と義務

患者さんの権利

  • 個人の人格を尊重した診療を受ける権利
  • 科学と信頼に基づいた医療を受ける権利
  • 個人情報が保護される権利
  • 納得のいく説明と情報(セカンドオピニオンを含む)を受ける権利
  • 自らの診療録の開示を求める権利
  • 自らの意志で検査・治療法などを選択或いは拒否する権利

当院の基本理念にあります患者さんの立場に立った医療を推進するとき、上記のような患者さんの権利を保障して、患者さんと共に病気と闘ってまいります。

患者さんの義務

  • 医療スタッフに、患者さんご自身の健康に関する情報を可能な限り正確に伝える義務
  • 患者さん自らが選択された治療方針に沿って、治療に専念する義務
  • 全ての患者さんに快適な環境のもと、安心・安全で適切な診療を受けて頂くため、診療業務に支障をきたさないように規則を守り、院内秩序の維持管理に協力する義務(注)
  • 診療費の請求には、遅滞なく応じる義務

(注) 患者さんの暴力行為や、強要・脅迫、罵詈雑言等の威力業務妨害により、病院運営に支障をきたす場合等で、職員の説得に応じず、指示、勧告、警告、命令に従わない時は、敦賀警察署に通報することになります。 また、今後診療を受付けない等、厳正に対処します。

(注) 快適な環境のもと、安心・安全で適切な診療維持に協力できない方については、診療をお断りします。

国立病院機構 敦賀医療センター長

職業倫理要綱

当院は、医療人としての職責の重大性を認識し、当院の基本理念などに基づき下記のとおり職業倫理を定めることとします。

  • 医療を受ける患者さんの人格など人間としての尊厳を尊重し、患者さんの立場に立って 接するとともに、医療内容やその他必要事項について、十分説明し信頼を得るよう努めます。
  • 医療を受ける患者さんのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  • 医療サービスの質の向上を図るため、改善意識と目標意識を持ち、 知識と技術の研鑽に努めます。
  • 良質な医療を推進するため、医療従事者としての相互の立場を尊重し、 良好な協力関係のもと、患者さんの医療に尽くします。
  • 医療の公共性を重んじ、医療を通じて 社会の発展に尽くすとともに、関係法令を遵守します。

臨床における倫理方針

当院では、患者さんの尊厳及び人権に配慮し、医療の進歩に貢献します。

患者さんの人権を守ります。

  1. 説明義務(がん告知、知る権利に関するインフォームド・コンセントの徹底)
  2. 守秘義務(個人情報保護)
  3. 患者さんの立場に立った対応で良好な信頼関係を築くこと

患者さんの自己決定権を尊重します。

  1. 治療方法の選択(医療従事者との相互理解による患者さんの意思表明を尊重)
  2. 医療参加「患者さんの権利」に関すること

倫理委員会で審議を行い、治療方針を決定します。

  1. 安楽死、尊厳死、ターミナルケア、延命治療など生命の尊厳に関する問題
  2. 患者の信条と医療行為の妥当性に関する問題
    倫理委員会の活動についてはこちら

医療の進歩に必要な研究を実施します。

  1. 説明義務(インフォームド・コンセントの取得)
  2. 守秘義務(個人情報保護)
  3. 人権の擁護(個人利益の優先)
  4. 「独立行政法人国立病院機構 臨床研究等倫理規程」及び
    「敦賀医療センター 倫理委員会規程」の遵守による適正な推進
  5. 受託研究審査委員会の審議による受託研究、医薬品の臨床試験などの実施
地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関